相互扶助の理念で運営する愛媛銀行
相互扶助の理念で運営する愛媛銀行

日本の金融政策を守る金融庁とは
日本の金融政策を守る金融庁とは
金融庁と日本銀行との関係

金融政策と言えば、私たち一般市民のイメージでは日本銀行が様々な市場操作をして日本の経済を安定させたり、不況から脱却させるような努力を行っているように見えます。でも、日本には金融庁と言う金融の単語を背負った組織も存在しているのです。金融庁と日本銀行、この2つはどのような関係で成り立っているのでしょうか。

通常「金融政策」と言う言葉は、日本銀行が経済の動きを調整したり、回復させるため行う政策を指しています。たとえば公定歩合を引き上げたり引き下げたりして、金利の方向性を定めることが大きな政策のひとつです。また同時に政策金利を調整したり、金融機関を通じた資金量の調節も、日本銀行が行う金融政策のひとつです。

そして金融政策の中では、日本銀行の自主性は尊重されているものです。経済の動向は金融のプロ集団である日本銀行が決めることで、政府自身が金融政策を主導することはできないのです。アベノミクスになって、日本銀行と政府の存在はより密接になったとはいえ、今でも日本銀行は政府にも口答えでき、政府の要求を却下するだけの権利と決定権を持っているのです。日銀の独立性と言うのは、必ず担保されていなければならないもので、どの先進国でも同様のスタンスで国内の経済を運営しています。

ですから、金融庁も同様で、金融庁がどうこう言っても日本銀行の経営や方針、金融政策に一切関与もできませんし、指導監督をすることもできません。逆を言えば、日本銀行の行っている金融政策を追認するかのようにさまざまな金融企画を立案し、法律化しているのが金融庁の重要な役割ともいえるでしょう。

 
相互扶助の理念で運営する愛媛銀行  |  日本の金融政策を守る金融庁とは
All Rights Reserved 2013 相互扶助の理念で運営する愛媛銀行 All Rights Reserved.
Free Website Templates