相互扶助の理念で運営する愛媛銀行
相互扶助の理念で運営する愛媛銀行

日本の金融政策を守る金融庁とは
日本の金融政策を守る金融庁とは
金融庁の主な業務

金融庁の主な業務は、大きく分けると「金融機関の指導監督」と「預金者等の財産保護」の2つです。金融庁は、直接私たちの生活で訪れたり手続きを行う場所ではないことは確かですが、さまざまな機関への指導などを通じて、私たち国民の生活にも深くかかわっているのが金融庁です。

金融機関の指導監督は、法律に基づいた経営や金融商品の販売を行っているかを指導監督するための業務です。2013年のうちに話題になったのは、みずほ銀行グループが起こした暴力団関係者等への不正融資事件です。法律で暴力団関係者への融資は禁止されていますが、みずほ銀行グルーブではグループ内企業のオリエントコーポレーションを経由して融資を行っていたことが判明しました、これが判明したのも金融庁の検査が行われた結果と言われています。

預金者等の財産保護は、俗にいう「ペイオフ」や、投資商品の販売方法に関する事前のチェックや販売時の適正な方法で販売されているかの有無など、商品やサービスを利用する一般市民が財産を失ったりしないようにさまざまな指導や監督を行うことで実施されています。違法な投資や、投資に関する詐欺など、金融関係の商品トラブルを防ぐのも金融庁の大事な役割です。

また、投資しやすい環境の整備等も金融庁の仕事です。2014年からはじまるNISA(少額投資非課税制度)を導入したのも、金融庁の金融政策部門の仕事です。活発な経済活動のできる日本市場となるように法律等を整備するのも、金融庁の業務の一環です。

 
相互扶助の理念で運営する愛媛銀行  |  日本の金融政策を守る金融庁とは
All Rights Reserved 2013 相互扶助の理念で運営する愛媛銀行 All Rights Reserved.
Free Website Templates